tomoterunishimurahomme

名古屋・覚王山のハンバーガーショップLARDERにて5/19より行われる、
トモテルニシムラオム作品展でのライティング装飾を当店が担当させて頂くこととなりました。
期間中、ヨーロッパヴィンテージ照明によってスポットされるセンス溢れる作品をお楽しみください。
もちろん当店が設営した照明類も販売していますので、この機会にぜひご覧頂ければと思っております。


TOMOTERU NISHIMURA HOMME EXHIBITION
【I’m just watching movie】
5/19(thu)→6/6(mon)
KAKUOZAN LARDER
愛知県名古屋市千種区覚王山通9-18
open: 14:00→22:00
close: tue & wed

プロフィール
TOMOTERU NISHIMURA HOMME
1988年生まれ
佐賀県出身
愛知県立芸術大学美術学部卒業
自身の名前のブランドのデザイン、アートワーク、広告などをテーマとしながらイラストを制作している。
名古屋のバンド、ジョセフ・アルフ・ポルカのギターとしても活動中
———————-
映画(映像)とそれを視聴する人の関係が展示のテーマとなっています。
家で映画を見る事が多いのですが、
その中で映画に没入し完全に集中仕切っているその刹那、
映画の暗転と共に現れるテレビ画面に
映った自身の何とも間抜けな顔に
ハッとする事が何度もありました
刺激的な体験をし脳に色んな情報が
入力されている時の
頭の中の目まぐるしさとは
裏腹に本人はぽけーっとしてしまっている、その対比を描いてみたいと思い今回の展示のテーマとさせて頂きました
http://tomoterunishimurahomme.tumblr.com/


SDIM6582 (1)
SDIM6589
exibition



daikanyama

第7回代官山蚤の市に出店いたしました。
フランス・パリの蚤の市がテーマのこのイベント。
そのテーマに沿うように、今回もパリさながらの小雨交じりの曇り空の下での開催。
近所のレストランからワインビネガーの甘酸っぱい匂いまで漂ってきて、さてここはどこなのでしょうか??となりました。

基本的に自分が好きなモノを現地まで仕入れに行っています。
フランスの片田舎での小さな蚤の市や、ブロカントショップの陳列棚の端、はたまたアパルトマンの地下倉庫、、、
そこから海を渡ってきたその「好きなモノ」たちが自分以外の誰かの目に留まり、その誰かの手に渡っていく、、、なんて、こんなオトギ話のようなことがあるのだろうかと、
この仕事を続けている今まさに信じられないような不思議な気分の中にいます。

今回の蚤の市でも、そのモノたちは幸いにしてたくさんの方のもとに旅立っていきました。
大事にしてもらえるといいなぁと、ただ思うばかりです。



UCC DRIPAR

dripar

UCCのウェブマガジン”UCC DRIPAR”の企画「コーヒー男子 スナップ&トーク」にて
izauraの店主を取材頂きました。

不慣れなもので、、、少し恥ずかしくもありますが、ご覧ください。
UCC DRIPAR 「コーヒー男子スナップ&トーク」


撮影はミュージシャン/写真家として活躍中のPANORAMA FAMILY
ストリート感と切なさの同居する美しい写真はこちらで見れます。
PFOT